So-net無料ブログ作成
俵 総一郎 ブログトップ

 vs 保守派    [俵 総一郎]


Archives of my own より

06/12/15(金) 午後 9:13 [ 保守派 ]
国家財政破綻を招いたのは、悪しき「戦後民主主義思想」のせいですよ。義務を忘れて権利ばかりを主張した、わがままな自由によるところが大きいですな。あの美濃部都政を思い起こすまでもなく、もし、社会党が政権を取っていたらとっくの昔に財政は破綻していたでしょう。民主党もそのDNAを引いている。自民党だからまだここまで持ってきた。しかし、どこかで革新派とやらに国政をやらせたほうが、反面教師としてよかったかもしれないですね。政権を取った暁には、どうぞ変節しないよう社民党と仲良くやって下さい。

06/12/15(金) 午後 10:31 [ 俵総一郎 ]
保守派 さん、こういう意見はここでは最早奇説といっていいが、まずはその勇気に敬意を表したい。 本題に入ります。 つまりあなたは財政破綻について、自民政権だからこの程度で済んだ、自民党は本当によくやったと仰りたいのですね。 自民党には「責任」は無いのだと。 国家財政破綻は悪しき「戦後民主主義思想」のせいですか。 具体的にお聞きしたい。 今の天文学的な国の借金はどうして生まれました? 福祉、社会保障のせいですか? 私を含めてここのみんなは頭が悪いんで、どうかひとつ具体的に分かりやすく。

06/12/16(土) 午前 6:08 [ 保守派 ]
[ 俵総一郎 ]さん、私は「自民党はよくやった」とは申しておりません。自由とわがままを履き違えた戦後の風潮に、流されてしまったと反省してもらいたいところです。造反復党劇だのTMやらせだのと、昔なつかしい政府批判がおきてますが(別にいいですが)、むしろ、とって変わる野党がないことが問題だと言いたいのです。膨大な借金の背景には、ある種のポピュリズムがあり、それが戦後思想と無関係でないと思ってます。

06/12/18(月) 午後 1:13 [ 俵総一郎]
[ 保守派 ]さん、有難う御座います。 微妙に論調が変わったという気がしないでもないですが、まともになって来た。 しかし「...風潮に流されてしまい...」、ポピュリズムつまりバラマキの事ですねぇ、これを際限なく繰り返し、これだけの莫大な借金を作った政権政党というのはどうなんでしょう? 世の悪しき風潮に流されない政権が求められているのではないでしょうか。 さてそこであなたは、ひとついいテーマを出してくれた。 政権をとって代わる政党があるのかという問題です。 やはり民主党の話になって来ると思います。



印象操作              [俵 総一郎]


 私のかつての友人に、人をすぐ嘘つき呼ばわりする奴がいた。 ホントのことを言っているのに、「噓をつくな」「そんな訳ないだろ」と言って非常にしつこい。 周りも私の言っていることに半信半疑に成って来た。 後で考えました。 ああ、あいつは自分の得意技をやられたと思って、えらくムキになっていたんだと。 なぜなら、そいつは稀代の嘘つきだったからです。

 ちょっと前までは、「レッテル貼り」と言っていたようですが。 このごろは 『印象操作』とよくおっしゃる。 野党の追及に対してね。 「印象操作という卑怯な手を使って」と、質問にまともに答える代わりにおっしゃる。 何故か? それは 『印象操作』が安倍総理の 得意技 だからですよ。 レッテル貼りもしかり。 

 電通さんあたりが仕込んだんでしょうか。 安倍さんは印象操作の達人ですよ。 で、自分に対する批判は、全部。 印象操作ですよ。 これにまた電通さんあたりの言うB層だかC層だかは、コロンと乗っかっちゃって。 内閣支持率は50%を切らない。 どこの開発途上国の話かと思っちゃう。

 ねぇ、ここらへん百田さんなんかはどう思っているわけ?

  

俵 総一郎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。