So-net無料ブログ作成

テレビを通じた改ざん指令/ 2017年2月17日            [天成人後]


 森友文書改ざん問題では、誰の指示かという事が焦点になっている。局長一人が部下に命じてできるような事とはとても思えない。犯罪の捜査でよく言われるように、そうすることによって誰が得するのかを考えれば自ずと図式が見えてくる。改ざんによって救われたのは、安倍総理だ。

 その改ざんの大胆な手口を知るにつけ、これが初めてではないのではないか?という疑念が生じてくる。よく言われているように、2014年に内閣人事局というものが設置され官僚機構が首相官邸の顔色ばかり見て仕事をするようになった。これまでもデータや文書を書き換えたり捏造したりしろという官邸からの圧力があって、それに応えた者が出世し、拒んだ者が地獄を見るという事があったのではないかと想像してしまう。

 上級の官僚にとっては、何を差し置いても出世が一番の関心事と聞くから、えげつない官邸の意向に逆らえず次第に感覚も麻痺してきたのではないか。そんな空気が霞が関に充満したところに、去年(2017)2月17日総理が「私や妻が関係していれば、総理も議員もやめる」とテレビカメラも入った国会で公に宣言したのだから、財務官僚たちは自分たちが何をすべきと言われたのか瞬時に悟ったのだと思う。

 ずいぶん大胆に大見得を切ったものだと思ったが、今考えれば安倍総理は全国放送のテレビを通じて、最も効果的に指示を伝えていた訳で、唐突に思えたあの発言は非常に計算されたものと思えてくる。



改ざんに支えられた高い内閣支持率          [天成人後]


 財務省が森友文書改ざんを認めた直後の世論調査で、内閣支持率が30%に近い水準まで下がっているという。当然だろう。だいたい今までが異常に高すぎた。去年も近いところまで下がったが、憲法の規定を無視して臨時国会を開かない作戦と北のミサイルなどに助けられ、また小池都知事のアシストもあり選挙に大勝し、またぞろ5割を超すようなおかしな高支持率に戻していた。

 ほんとうに日本人は安倍という総理が好きなんだなぁと、呆れ辟易しながら眺めていたが、やっと、ついに。普通の日本人が安倍という首相の人となり、その政権のおかしさに気付き始めたようだ。まるでマインドコントロールから覚めるように。

 これまで安倍政権を支持する理由として、景気を良くしたアベノミクスということが言われてきた。しかしほとんどみな普通の日本人は「景気の実感がない」と答える。それでもなお安倍総理を支持してきたのは、きっと株価指数や各種の統計的数字が良かったからだろう。政権とその周辺はトリクルダウンなどと言って上の富が下に降りてくような幻想を振りまいたが、もう少しあと少しと言って何年もたつ。それでも善良な普通の日本人は待ち続けた。

 今回の森友文書改ざんは、安倍政権が官僚機構をいかに思うがままに操っているかを垣間見せた例だろう。人事権を手に収め、意に沿うものを重用し、沿わぬものには徹底的に冷や飯を食わせる。今回ほどに大々的ではないにしても、文書やデータの改ざんや隠蔽は常態化していたのではないだろうか。安倍という政権の性質を見るにつけ、そう思う。

 安倍人気を支えていた好景気、これもまたよくよく疑ってかかったほうがいい。




国難、安倍日本会議政権          [苔の生すまで]


 今回の森友問題で見えてきたことの一つとして、日本の右翼の問題がある。その中心にいるのが 日本会議 という団体だ。驚くほどの数の政治家が関係し、安倍政権などは日本会議政権と言っていいのではないかと思うようなありさまだ。安倍総理は憲法記念日に、日本会議の集まりで憲法改正について考えを表明した。

 有った事を無かった事とし、都合が悪くなれば平気でかつての仲間を裏切る。 籠池氏と森友問題に対する安倍総理の姿勢を見るにつけ、今の日本で右を称する輩たちのお里が知れてくる。 彼らに日本の誇りを説く資格などあるのか? 日本の恥であり、存在自体が国難ではないのか?



内閣人事局 ・ 気違いに刃物              [おかしな帝王学]


 2009年の政権交代前、税金の無駄遣いが大いに話題になった。その中心になったのが官僚機構の問題で、このブログでも厳しく批判した。自民党ではこの状況を打開できないだろうと、民主党政権に期待した。その目玉となったのが局長級以上の幹部人事を政治が掌握する、まさに今話題の内閣人事局である。ご存知のように民主党政権は、人事局創設はおろか、政権運営自体が官僚の強烈な抵抗にあって短命に終わった。

 その後、かまびすしく言われていた天下りや渡り、それに伴う税金の無駄遣いに対する批判が不思議と下火になってしまった。ところがそれを忘れた頃の2014年、あろうことか安倍政権のもと内閣人事局が設置された。この最低の政権は税の無駄遣いを監視するツールとしてではなく、自分たちのやりたい放題を通すための道具としてこれを使いだした。官僚の既得権には手を付けず、意のままに動いた者には出世で報いる。逆らった者には地獄を見せる。違うか?

 幹部になれば出世、つまり人事が最大の関心事になるという霞が関官僚はこれでイチコロだった。「官僚主導を脱し国民の選んだ政治主導で」「官僚は選べないが政治家は国民が選ぶのだから」とは、少々無邪気に過ぎた。気違いに刃物、といったら言い過ぎと怒られるだろうか? しかしこのようなナチスばりの最低政権が出てくるとは、想定していなかった。このような顛末になり、見通しの甘さを反省している。

 元々の考え方は間違っているとは思わないが、今回のこの大事件を契機に、官邸に人事を好きにさせることに対する歯止めは十分議論してもらいたいと思う。



アベレイション - aberration          [おかしな帝王学]


 さて、安倍晋三という常軌を逸した、まさにアベレイション(aberration)というべき政権の実態が、普通の日本人にも目に見える形になってきて、まだ頼りないながらも光明が見えてきたように思う。 

 民主党からの政権奪取から五年余りも経つのに、いまだに民主党政権時代の失敗を虚々実々織り交ぜながら口汚く姑息にもあげつらい、自身を大きく見せることには余念がない。印象操作、印象操作と事あるごとに自分への批判はかわそうとするくせに、敵対する者への印象操作には全力投球で臨む。武士道をはじめとする日本の本来の美学とは正反対の、醜悪な姿だ。これに日本の頭脳ともいえる霞が関や大手広告代理店が万全の態勢で協力を惜しまないというのであれば、日本の暗黒時代には終わりがない。

 官庁の中の官庁と言われる財務省(大蔵)で今回このような大胆な不正がはっきりした以上、これはここにとどまらないと考えるのがまともだろう。みなさん家でゴキブリやネズミを発見して、一匹始末したからこれで終わりと思わないはずだ。安倍政権が行ってきたことは、きっと間違いなくゴキブリやネズミに例えられるほどやっかいで、たちが悪い。

 特定秘密保護法案、安保法案、共謀罪。選挙では景気景気と経済の話に終始し、選挙で勝利するとこれらを強引な形で通してきた。内閣人事局の危険性と同じようにこれらの法案の持つ危険性のポテンシャル、為政者側を性悪説で見つめなおす賢明さが国民に求められている。

 この一年間、安倍政権の持つアベレイションによって国権の最高機関である国会は愚弄され、無駄な時間を費やしてしまった。安倍政権にとって都合よく改ざんされた情報で国会の議論がされ、政権選択の衆議院選挙までなされてしまった。これはクーデターと言っていいのではないか。もはやアベレイション政権に正当性などない。



佐川証人喚問              [Pub 居酒屋]


 姑息! これに尽きるな。----佐川証言?----てか、安倍政権。----熊田つったっけ?佐川がこそこそ相談してたやつ。あれ小渕優子や甘利がヤバくなった時に助けた元検事だって。----自民党御用達弁護士か。。----安倍政権と与党が、全力で守るから思い切って証言してこい。国民もメディアも野党も、けむに巻いて来い。ってことだな。すぐみんな忘れるんだから、と。----共産党の質問の時、佐川、、笑いかみ殺してたな。記録は破棄して一切残ってないってのは、「単に役所のルールを言ったまでです」とか言いながら。ーーーーああ、去年問題の文書があるのかないのか聞かれて、もう無いって答えたところだろ。----ルール上は破棄されていても問題のない文書ですってのと、その文書があるのかないのかは違うだろ。----安倍日本てのはそういう詭弁が安倍の都合でOKになっちゃう国なんだろ。----何が「美しい国」?----中国や朝鮮のこと、笑えるの?----あいつら右を自称する奴らは、反吐の出るようなデマや詭弁を吐きながら、その同じ口で笑うのさ。----姑息で卑怯、強気におもねり弱気をくじく。日本男児の風上にも置けない奴らさ。-----それがこの国を統治してもう足かけ8年?ーーーー  腐ってる。。。。。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。