So-net無料ブログ作成

都合のいい法治国家であるが、民主国家ではない      [おかしな帝王学]


 翁長 沖縄県知事の 辺野古埋め立て中止指示に対し、一つ覚えに 法治国家、法治国家と繰り返す菅官房長官。 だから聞く耳を持つ必要が無いという、安倍自民党の言い分だ。 では、文書で交わした約束の範囲を超えて勝手に貴重なサンゴを破壊するのは、法治国家の政府がやる事なのか。  

 そして、民主主義、民主主義と普段あれほど口にするのに、この件に際しては、ぴたりと民主主義の 「み」 の字も発しない。 沖縄の民意を、いったいどこまで軽んずれば気が済むのか。

 「腹は決めている」 という翁長知事、どうか、とことんやって欲しい。 あなたを応援する 「普通の人」 は、全国にいる。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。