So-net無料ブログ作成

右か左か ではなく、 対米追随か否か。          [民主主義の原理運動]


 沖縄知事選で辺野古移設が争点となり、 容認する現職と反対する候補の戦いになりそうだという。  注目すべきは、どちらも保守系の候補であり、辺野古反対候補には革新政党まで支援に乗り出している事だ。  右だの左だのは今や意味が無い、対米従属であるのか否かが 真の意味ある色分けになる。  沖縄で全国に先駆けてこの様な選挙が行われる事になれば、本土の十年先を行っている事になり、これからの日本の政治とその選挙の形を示す事になるのではないかと思う。


拾得物は税収?              [Pub 居酒屋]


 今日、昼前に道を歩いてたら、銀行の通帳に千円札がはさまってるの見かけてさ。 そのまま通り過ぎようかと思ったけど、治安の悪いとこだし何か義務感を感じてさ、拾って交番に届けたよ。     へー、幾ら入ってたの?    二千円。 通帳だし、必ず持ち主が現れると思ったけど、応対した警官が 三ヶ月たって持ち主が名乗り出なかった場合、どうするか聞くわけよ。 細かいことは忘れたけど、「はいはい」 と答えていたら 国庫 に自動的に入る仕組みらしくて、ちょっと待てよと。 いや、二人いた若い警官は、好感の持てる人物だったけどね。     なんか、マニュアルでもあるのかね。    さあ? でも、こちらからあえて聞かなけりゃ、国庫に入ることは不明だったし、こっちにその金を受け取る権利があることも明確でなかったから。 落とし主が現れるに決まってると思ったけど、現れなかった場合は拾い主の権利を主張したいと申し出た。  政権が変わろうがどうだろうが、国庫金の使い道にはメスが入らない。 だったらたとえ二千円でも戻ったら、自分の納得のいくところに寄付でも何でもするさ。


我。本日1545時頃、オスプレイ機、首都圏上空ヲ低空ニテ飛行スルヲ目撃セリ。      [Pub 居酒屋]


 今日は休みだったもんで、ひどい暑さだったけど髪がウザったくなったんで切りに行こうと家出たらさ。 バルルルって何か飛んでる音したんで見上げると、 オ ス プ レ イ だよ!  こんなとこ、こんな低空で飛んでるんだって、びっくりした。        おまえんとこ、いつも米軍やら自衛隊やらの飛行機飛んで、うるさいんだってたな。      ああ、厚木や座間と横田を結ぶ線にあるからな。 高級住宅地が泣くよ。      何言ってんだ、安賃貸アパートだろ。        当たり! だけど周りはスカした連中ばかりだぜ。 実際、土地は高い。        オスプレイ、何してたんだかな?       さて、見た時は南から北に向かってて、もう左に旋回し始めてた。 そのまま西に向かってたから、横田に行くんじゃなかったみたい。        遊覧飛行か? どうせニュースにもならないんだろうな。 気が付いたら当たり前に東京近郊を飛び始めて、「みなさん、沖縄の負担軽減のためですよ!」 なんて、誰かさんしたり顔で言うんだろ。

   

広島土石流災害と安倍総理 – 国民の命より お仲間      [懲戒免職]


 集団的自衛権の時には、あざとい母子のイラストなど背に 「国民の命を守る!」 と熱弁をふるい、少数ながら間抜けな国民をうなずかせた、あの 安倍総理 が、20日(2014年8月)に発生した 広島土石流災害 の際には、まるで国民の命など二の次といった対応を演じた。

 未明に発生した被害の第一報を聞きながら、安倍総理は静養先の別荘からゴルフに向かったという。 プレイは午前8時からで、そのメンバーにはあの森元総理、フジテレビ日枝会長らがいたそうだ。 その後9時過ぎには中断して、急遽 東京に戻ったのが11時。 当日のテレビニュースでは 「安倍総理は静養先の山梨から予定されていたゴルフを中止して官邸に戻り指示にあたった」 としか報じられなかったので、間抜けな国民は一時間以上もこんなメンバーと災害の報告を受けながらもゴルフに興じていたとは知らなかった。

 森元総理とゴルフといえば、えひめ丸だが。 さて、この名宰相からの 「私のようになるな」 というアドバイスがあったのかどうか。 8時半になって、官邸詰の記者連中から 「こんな時に安倍さんはゴルフか?」 と声が上がり始めたのを耳にした菅官房長官が直々に安倍総理に電話し、ようやく帰京の決断がついたようだ。

 と、ここまででも問題おおありなのだが、話はこれで終わらない。 官邸に数時間居ただけで、夕方にはまた山梨の別荘に戻ったという。 何が 「国民の命」 か?  身一つで出てきたので、身の回りの物を取りに帰ったという。 その割には、翌日 天皇がご自身の静養を取りやめたい意向を表明されるまで、別荘に居続ける。 靖国しかり、天皇陛下とは意見のそりが、合わないようだ。

 そして災害翌日、21日に別荘で会っていたのが、JR東海の葛西会長だという。 彼は熱心な安倍晋三の後援者とされ、NHKの籾井会長と同族である。 彼との約束を守るために、安倍総理は別荘に戻ったのだろうか。


追記:
先日の広島原爆記念日には、被爆者の代表が総理に面と向かってテレビカメラの前で集団的自衛権に反対意見を述べていた。意見の同じ支援者に囲まれているのが何より好きで、反対意見に対しては執拗に根に持つとの噂のある 安倍総理。 今回の広島土砂災害への初動対応に、その影響はあるか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。