So-net無料ブログ作成

石破茂氏、ようやくデモとテロの区別がつきました。          [懲戒免職]


 自民党の幹事長、石破茂氏が絶好調だ。 このネトウヨ言うところの、石橋ゲル氏。 安倍晋三総理と並んで、腐ったネトウヨのアイドルである。 自他共に認める軍事オタクで、執務室には兵器のフィギュアが並ぶ。 安全保障なら任せておけという政治家で、同類の安倍氏と飛車角の双璧を成していた。 安倍氏に二度も先を越されて首相の座に就かれ、溜まっていたものもあっただろう。  状況のあまりの良さに、つい本音が出た。

 「無言の整然とした行進でなければ、デモはテロと変わりがない。」  批判に対応してテロと言った表現は撤回したようだが、民主主義の有りようにもとるとしてデモ行為についての見解は改めない。  民主主義だからこそデモが許されるのではないのか?  政治家の失言はほぼ100%本音がついポロリと出たというもので、それも多くは講演など生の場面で出ている。  しかし今回の発言は石破氏の公式ブログによるものであり、その意味で根深い。 

 現在、参院で審議中、可決間近と言われる 特定秘密保護法案 では、外交、防衛のみならず テロ についても含むとしている。 一見もっともらしく見逃しそうだが、デモもテロとみなすと言う意識をもった者たちによって焦り狂って成立させられようという法案だ。  この法律のとんでもなさを、雄弁に物語る。

 思えばこの秘密保護法案が衆院にかけられた頃から、猪瀬都知事の徳洲会五千万円事件やら中国の防空識別圏やら、感心するほどいいタイミングでニュースになった。 さらに自民党沖縄県連の辺野古移設容認決議まで出てきては、石破氏のみならず安倍総理はじめ自民党の先生方に、いい気になるなと言う方が無理な相談だろう。  大いにいい気になって、本音をどしどし発言していただきたい。 

 彼らの本音とは、国民の目も耳も口もふさぎたい。 たとえ目と耳が開いていても、口だけはふさぎたい。


追記:
よく、「罰せられる事は無い」 という気休めを耳にするが、逮捕され起訴され有罪判決を受けた場合のみがこの 「罰せられる」 ということで、そのどの一歩手前でも 「罰せられない」 というアリバイが成り立つ。 



くい足りない、総理大臣              [民主主義の原理運動]


 先の大地震で津波の被害を受けた人を、思う。  サッカーで世界を相手に戦う若者を、観る。  物造りで世界最高の企業を、見る。  東洋として初めて近代に進んだ日本を、知る。 

 この日本の首相は、それらひとりひとりの日本国民に ふさわしいか。



官僚機構を正し、最先端たれ              [おかしな帝王学]


 この国の神経組織に等しい、官僚機構。 ここを正すのが、先決だろう。  武士によって成し遂げられた、明治維新。  武力によって生じた覇権が、軍事による解決を永久に放棄するというのは。  この日本においてこそ成し遂げられるべきで、それが成されれば。  広く人類全体の、ルネサンス以来のひずみが。 そこで回答を得るだろう。  官僚機構を正さなければ、これは決して成就しない。  どんな理由で立法府から行政府の長を出しているのか、 民主主義の原理運動に立ち戻り考えるべきだ。

 まず官僚機構を正し、 税で禄をはむ者を正す。  より国民の為の政治が成されれば、 おのずと米国との関係も問題になるだろうし。 外交も、変わってくるだろう。   世界の最先端となるのに、何の躊躇が要ろうか。 



猪瀬 東京都知事、 辞任。              [天成人後]


 秘密保護法が可決される寸前の絶妙のタイミングで出てきた 徳洲会五千万円猪瀬都知事へ の問題。  今日、猪瀬都知事は辞任を発表した。 さもありなん。  しかし、このような金が渡っていたのは猪瀬氏に対してだけなのか?  昨日、「百条委員会が設置されれば終わりだ」と述べ辞任を促したと言う 石原慎太郎 前都知事。 かつては徳田虎雄氏との蜜月ぶりを隠そうともせず、猪瀬氏を後継指名し、「徳田さんのところへ行け」と促した張本人だ。 昨日 安倍総理と会談した彼は、徳洲会から資金的な支援を受けていないのか? 亀井静香氏の話しも伝え聞くが、果たしてそれだけか?

 日本医師会の岩盤に対して切り込んでいったのが、徳洲会だと聞く。 では日本医師会側は、似たようなことを行っていないのか? 選挙に金が掛かるとして、当たり前のようにこのような事が行われている。 これは邪推だろうか。 

 猪瀬氏の弁護を行うつもりなど毛頭ないが、地検特捜が一年も前から事実をつかみ、このタイミングで問題化するのはどうも釈然としない。 なにか大きな力が働いたのではないか、そんな気がしてならない。


追記:
2020 東京オリンピック招致で時の人となったのが、猪瀬氏だった。 石原前都知事からの悲願で、開催決定の時は はしゃぎ過ぎが気になった。 おもてなし の滝川クリステル女史が脚光を浴びたが、最後の最後で 「アンダーコントロール」と欧米人よろしく両手を広げ、おいしいところを持って行ったのが 安倍総理だ。  名誉ある招致の功労者としては、猪瀬氏の名が今後 人の口にのぼることは無いだろう。

追記: 2014.2.18
2020 東京オリンピック実行のトップについて、森元という名の総理と猪瀬氏との間で確執があったやに聞く。
猪瀬辞任後すぐに森元氏はその座に就き、小泉-細川の動きにはカメラの前で「卑怯」とののしり、いらだって見せた。 



JR と 霞が関              [才蔵]


 JR 北海道の問題を聞く。 福知山線事故を起こした JR 西の問題を思い起こす。  JR とは旧国鉄組織の事で、金田のいた国鉄スワローズは、少なくとも電電公社ぐらいは公だったんだろう。   圧倒的に国から好条件で譲り受けた 国鉄→JR という Organization 格 の継承がどうだったのか、よく見る必要がある。

 表向きなかなか良く機能しているように見える組織体が、実は深刻な問題を抱えていると言う事では。  JR の問題は、霞が関の問題に通じる。


合祀以来 靖国を参拝されていない天皇陛下と、安倍総理    [おかしな帝王学]


 安倍総理が、靖国参拝を果たしたそうだ。  自らの陳腐な美学を満たし、また、ネトウヨ諸君は喝采を叫ぶだろう。  中国や韓国は反発し、それに呼応してのナショナリズムの高まりは、再び支持率七割も夢ではないと思ったか。  内政が危うくなれば外政の危機を演出する、まだ五割もあるという支持率でそれを求めるならば、欲張りな話だ。  しかしこの安倍と言う首相は、すこぶる欲張りな総理である。

 派遣労働や社会の底辺で働く現在の人々に相当する、最も過酷な前線に送り出された人々。  「死んだら靖国で会おう」 と言い合って散っていった愛すべき日本人に対する思い入れは、決して安倍総理はじめネトウヨ諸君に劣らない。  しかし、今で言えば、夏でも冬でもエアコンの効いたところでふんぞり返って机上の空論を振りかざすお偉いさんのように、現場を知ろうともせずトンチンカンな指示を出し続け、戦犯として戦後裁かれた高級軍部官僚をどさくさに紛れて合祀した靖国神社を、安倍総理はどう考えるのか?  合祀以来、参拝をされていない 天皇 のご意志を、どう解釈しているのか? 


ナショナリズムに見合う靖国              [おかしな帝王学]


 「総理の靖国参拝を、なぜ批判するのか。戦争で図らずも命を落とした英霊に敬意を表して問題があると言うのが間違い。 A級戦犯の扱いも間違いだ。」  こんな意見をネットで目にした。 戦死者に対する念は共有する。 しかしそれが何故、靖国であらねばならないのか。  分かり易く言って、天皇は日本の神道のトップ、そんな話を聞いた事がある。  トップが行かないと言っている神社の在り方に、問題は無いのか。

 A級戦犯の扱いも間違い、とはどういう意味だろうか。 戦勝国によって裁かれた東京裁判がどうのと言うのは、狭義と広義の違いだとかわそうとする輩に似て潔くない。 どさくさ紛れの合祀の事を言うのなら、与する。

 中国でも韓国でも、米国でもなく。 これは日本自身の問題だ。  かねてから申し上げている通り、東の最先端として日本は。 中国や韓国とは、次元の違った感覚を持つべきなのだ。 同じ土俵で争っていては、日本にもアジアにも世界にも未来がない。 いったい何をしているのか。 この思いこそが、まっとうなナショナリズムである。 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。