So-net無料ブログ作成

株、相場、オイル。 英国           [天成人後]


 株は、持っていない。 円安も外国に物を売ったりしてないので、逆に灯油が高くなるというのが半径五メートル以内の感想だ。 しかし、株高や円安でこうもにぎやかになると。 大多数の人にとってこれがいかに大事な事なのか、知らされる。

 この二つは、相場 である。 市場 と体よく呼んではいるが、賭け事と同根の 博打 の親戚である。 近代と呼ばれる時代に入った時、先頭を走っていた 英国 。 後継者のアメリカの時代になっても、株と相場とオイルは変わらず世界の中心にいる。

 冷戦時代をもたらした、米ソ 二超大国。 マルクスレーニン主義というのは、産業革命後の社会矛盾に対して生まれたものであり。 日本でいえば 野麦峠 のような、仕事の流れの末端に居る者達の理不尽を元々は考えていた哲学である。 産業革命の本家 イギリス は、ソビエトを生んだ国でもあるように思う。 そしてもとより、米国の旧宗主国は 英国 である。 東西に実験国を二つ作ったようなものだ。 相場が、一党独裁全体主義に勝った。

 ソ連は東洋、黄色人種に 中国 つまりは中共と言う国を造った。 黒いネコでも白いネコでも、ネズミを捕ってくる猫は良い猫だとするその現状は。 中華 がイギリス発ソビエト経由のものに右に左にとその近代化の過程でいいように揺さぶられ、ひれ伏したような状態で。 文化的には 漢字 儒教 などなど多くを由来に持つ日本として面白い状況ではない。 しかし当の日本が、英国発西経由の米国に完膚無きまでに叩きのめされ隷属している。 今日の世界情勢は、中東・インドも含めて、あらためて 英国 なのだと思わせる。


景気の果てに見えるもの              [民主主義の原理運動]


 景気よければ七難かくす。 やれ景気、それ景気。 景気の果てに見えるものが、偉くなれば成るほど見えなくなるらしい。 景気の前に、我々が得るべきものがあるのではないか。


日本、中国、韓国。              [苔の生すまで]


  かつて、三人から人間関係がはじまると言った。 色を あや と感ずれば、三原色よろしく。  この世は、あや に満ちている。  あや もうまく操りつつ、ポスト近代というものがどうなのか。  とことん、この二者に対して日本から問い掛けて行きたい。  




イギリス  England              [才蔵]


 イギリスとは、単純に言えば近世から近代への時期に覇権を握り。 海から空への移行に乗り遅れた。 冷戦構造を構築したアメリカとソビエト。 これら二つとも、イギリスが創り出した実験国といってもいいのではないか。 

 明治維新も、イギリスの覇権のうちだ。 アメリカの振る舞いに対して、旧宗主国として何か言うべきことがあるのではないか? グリニッジを標準時とし、英語をエスペラント語にした 英国 。 誇り高き、大英帝国。

 1969 年を核とする、六十年代から七十年代の " The Rock Music "、 あれは結局アメリカ発のロックンロールと捉えられがちだが。  ここに心酔する立場から言えば、それを巨大な波にして返したのが Great Britin , United Kingdom , U.K. , England である。 

 The Beatles , The Rolling Stones , Led Zeppelin , King Crimson , E.L.P. , Pink Floyd , Yes , Jethro Tull , , , and so on.



国を Organization 格 たらしめる、行政府          [文化の日]


 Organization 格 である事そのものに価値があるというのが 国 で、宗教やスポーツなどなど、横軸でまとまる組織を圧倒している。  国の礎は、しかし民族であり、文化である。  行政府を、民族その文化がどう御していくのか。  ポスト近代の、要になりそうだ。  文化や民族のあり方を言うのであり、むしろ文化は多様なほど、人類として強い。


手抜き除染と、復興増税。              [天成人後]


 復興増税の使い道が、少し前に問題になった。 シーシェパード対策に使われていたりして、唖然とした。 東北震災復興の為、何か自分には出来ないものかと。 なけ無しの金をはたいて募金する日本国民のうるわしき心情につけこんで増税した金が、このように使われている。

 そして 手抜きの除染作業が、ここにきて問題になっている。 年末には民放報道番組で、除染に関わる作業員への処遇が問題になった。 賃金に加算するようにと、国から支払われているはずの一日当たり一万円の危険手当が、どこかに消えているという。 ひどい話では日当が八千五百円、つまりマイナス千五百円という有り様で。 実際現場に出ている作業員は、七次とか八次の下請けであると伝えられた。 とても孫とか曾孫とかで表現できるような次数でない。

 今回の手抜き除染について、元請の鹿島は 「このような指示はしていない」 と言う。 では際限なく下請けに流すビジネスモデルに、元請として責任がないとでも言うのだろうか。 それが社会に生きる大手 Organization 格 の、あるべき在りようか。 復興税としてまっとうにうつる 除染作業が、この体たらくだ。 その他、推して知るべし。


人前で端末をいじる              [文化の日]


 近代の置き土産といっていいこの携帯、スマホ。 通信端末をいじると言う事は、目の前に居る人より優先すべき相手が携帯の向こうに居ると言う事で。 半径数メートルの人が会話出来る 場 において、失礼な行為だ。 光の速度で動く通信も、人の体をそこに持っては行かない。 この違いを知ることが、近代からポスト近代への鍵になるのだろう。 

 スマホを人の性器に例えれば、人前でそういじるものではない。


参照:
≪ 会話と場 ≫
http://bunkanohi.blog.so-net.ne.jp/2012-01-02


復興増税の流用と、消費増税          [懲戒免職]


 見上げた元キャリア官僚、古賀茂明氏がこう表現していた。 「 例えば、あなたの近所にある小学校の耐震化も大事だけれども、大震災からの被災地復興の為だからとしてみんなこの不景気の中、増税を認めたんですね。 関係の無い地域の耐震、それは一般会計でやればいい。 」  一文、霞が関文学とやらで加えただけで。 復興増税は、その使い道を被災地に限定せず、という意味合いにされた。

 日本人は、みんな被害に遇った人たちの為なにか出来ないかと思っていたその時。 五百籏頭(いおきべ)氏らによって、早くも増税の話が出てきた。 その成れの果てが、復興増税あらぬ流用である。 ざっと19兆のうち、もう17兆ほども使っているという。 今年から、二十五年間とり続ける税のあり様だ。 原発も電力も、突き詰めれば日本の問題が見えてくると言ったが。 この復興増税の流用こそは、日本の問題そのものだ。 税金と霞が関、あとはパタパタまわりでやってる政治の問題だから。 すこぶる、分かり易い。

 野田政権になってからの民主政権というのは、自公と三党で連立していたようなものだが。 自民の意向で、復興増税の使い道は被災地に限定せず、と拡大されたように聞く。 それをのんだ野田民主党も、ただの役者ということだ。 見えない思惑で操るのは、いったい誰だろう。 それは見えない Organization 格 としての、霞が関・官僚機構ではないか。

 この民、自、公 三党合意で成された 消費増税 が、ほんとうに社会保障だけに使われると思ったら大間違いだと。  あなたは思わないか。 


空気ばね と 動体視力              [近藤 武]


 少年の家は、線路沿いにあった。 小学校二年の時から与えられた三畳の部屋は、一番線路に近かった。 北側に位置する線路と家を隔てるのは、万年塀といわれたコンクリートの塀なのだが。 少年はそこに登ってまたがりながら、何時間も何分かおきに通る電車を見ていた。

 小学校三年、東京オリンピックの頃、空気ばねを採用した新車特急が走り出す。 重量挙げのバーベルのようなリングプレイの台車を、見逃すまいと速度に対抗した。 すぐに、乗ってる人の顔まで写真のように視覚に焼き付ける目線の使い方を、少年は会得する。  オイルダンパー、コイルばね、板ばね。 空気ばね。   

西洋にとっての 中国              [天成人後]


 1840年に、アヘン戦争が起こった。 インドを我がものとしていたその当時の圧倒的覇権国家イギリスが、中国を攻めた。 近代になって、インド・アーリア系を越えた初めての出来事だっただろう。

 その頃、開花期をむかえていた アメリカ は、鯨に釣られて太平洋をとうとう日本まで達し。 その日本は、明治維新を成し遂げる。 東洋、黄色人種、モンゴロイドとして。 日本は、初めて近代に躍り出る。 これは、謎だ。 アメリカと言う触媒が作用し、武士が 武士の世 を終わらせた。 武士道と言うのがどういうものか、知りたい気にさせる。

 日清、日露を経て。 日中戦争から対米太平洋戦争の完膚なきまでの敗戦により、日本はいまだに対米隷属である現状を見れば。 この明治維新というのがはなはだ不完全で、悲鳴のようにいまその完遂が求められているのではないかと思う。

 中国と言う市場を経済的に我がものにしたいというのが米国の思惑、つまりは国益で。 これが中国に進出した日本を、米国が許さなかった理由であると言う。 しかし、この中国にはソビエト経由の西洋のもう一つの動き、共産主義と言うやつが定着する。 帰結として陥る、一党独裁を保ったまま。 なんと結局は、英国発アメリカ経由の市場経済を受け入れている。 中国は商人国家で、そのどうしようもなさをいま共産主義でなんとかまとめている。 こんなテクノクラートの話を、思い出した。

 伏兵のようにして現れた日本だが、こてんぱんに叩かれ。 国民は、牧民となり。 中国はいまや G2 などと、米国と並び称され。 完全に踊らされ、経済の虜となっている。 むろん、そもそも日本しかり。 肉の美味しそうな牧場で、黄色いのが丸々と。


国民の背番号 ← 携帯番号              [才蔵]


 家電は、セカンドネームで会員となり量販店で現金で手に入れるのがよいのだろう。  本は、本屋で買うのがよいのだろう。  電車は、切符で乗るのがよいのだろう。  固定電話の番号があれば、それを使うのがよいだろう。  しかしそんな人間は、要注意人物と見なされる。 携帯の時代になり、彼らは国民そのものを御する。   固定電話の時代は、世帯どまりだったが。  携帯電話は個人を特定する。  ポイントカードで釣られれば、個人の経済的活動が丸見えになる。

 現在の名簿屋は、恐ろしく sophisticate されたクラウドで。  携帯の位置情報をもとに、行動も監視し出すだろう。 


経済支配              [才蔵]


 お金でなければ、人は動かない。  経済の世界は、そういうものだろう。  人が金を得る時、先代からの遺産を受ける時か賭け事に勝った場合を除いては、 仕事 によっている。  金は高い方から低い方に流れるもので、ただ やる よりは仕事にして花咲じじいのように振りまけば、 人格まで支配する事ができる。  こんな不遜な話が出てくる。 


 直線の国境線              [天成人後]


 世界地図を見ると、海岸線に劣らない美しさを持つおおかたの国境線に反して、ズバッと緯度経度で線引きしたような国境線に出会う。 中東、アフリカ、ニューギニアにも。 州境と言う事でいえば、カナダを含めて。 北米は、その宝庫だ。

 北アメリカ大陸は原住民を半ば殲滅し白人国家として独立したのだからいいだろうが、ルネサンス、産業革命を後ろだてにして植民地支配を受けたところは、現地社会が残り、いまだに血で血を洗う紛争が頻発してしまう。 北朝鮮が核ミサイルでどれだけ脅かそうが、一人の死者も出ていない。 国対国の古典的な戦争ではなく、内戦やテロ、紛争によってどれだけの死者が出ているか。 

 原爆登場で近代は幕をとじているのであり、朝鮮戦争やベトナム戦争はその残り香のようなものだ。 使えない兵器に血道をあげる人類社会というのは、いかがなものか。 彼らの言う、 現実を見ろ! という伝でいけば。 もはや西だの東だのいう段階は過ぎたのだから、文化の多様性を認めないポスト近代はあり得ない。 人類全体に帰属意識を持ちつつ、民族と文化を最大限尊重する。 これは背反しない。

 アラビアのロレンスという映画があったが、イギリスが中東に進出した頃の話と記憶している。 ロレンス氏は見上げた人物だが、石油メジャーを抱える英国のドロついた部分の印象が残る。 フランスは、旧宗主国として北アフリカに大きく関わっている。 対アラブという風にも見えてくるが、英仏二国の近代十字軍が、白人、ヨーロッパ代表として大活躍したようだ。

 自然の風土によって形が決まるはずの国境線が直線というのは、おかしい。 


自民党の出自              [天成人後]


 自民党政権、それも圧倒的な勝利で返り咲いた今回の選挙。 であるならば、言及しておきたい事実がある。

 自民党の結党は 1955 年 (昭和三十年)の暮れの事であり、それまで右派、左派として分裂していた 社会党 が統合されるタイミングに合わせたかのものだった。 当時の社会党は百何十という議席を持つ大政党だったのだ。 人工衛星を最初に打ち上げたのがソ連であったように、1950 年代 というのは共産主義の隆盛をみた、また不思議な時代であった。 日本のメーデーも、今では考えられないように盛り上がっていた。 意外な事に、労働組合をもたらしたのも戦後の米国 GHQ の政策だったと聞く。

 足かけ八年にも及ぶ、日本 無条件降伏 後の GHQ 統治。 いかにもアメリカらしい、理想に燃えた出発から。 戦勝国仲間、つまりは国連 常任理事国の中に居た共産主義という現実に。 またいかにもアメリカらしい、機敏な反応でこたえた占領統治だったと思える。 教育委員会、検察審査会。 地域独占の、九電力会社体制。 民法ラジオ、テレビ。 これらみな、占領統治の間に決まっている。

 スペインが南米に到達した時の残虐非道に比べれば、太平洋戦争後の米国による対日占領というのは非常に紳士的だった。 間に 「 陽の没する事なき帝国 」 といわれた 英国が入る。 利得のとり方が、Sophisticate されてくる。 しかし 利 にうといはずがなかろう文化、自民党 とはその最終兵器ではないかと思われる。

 岸信介、児玉誉士夫の二人を Wiki ってみるだけで。 そんな気分にさせられる。


無意識              [文蔵]


 我々が意識している領域、これは氷山の見えている部分だという。  圧倒的に大きな部分が、無意識の領域として存在し。  その行動を支配しているという。  意識は見えない存在で、行動は目に見える。

  人の心 は 無意識 の世界で、その深い奥底で。 
          この世を主宰するものと、つながっている。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。