So-net無料ブログ作成

言ってる事を聞くな、やってる事を見ろ。 ----- 消費増税と自民党  [天成人後]


 与野党を超えて圧倒的多数を誇る、民主、自民、公明の三党が合意して通そうとする 消費増税法案。 将来世代にツケを残さない為に、一刻も早く成立させなければならないとして。 民主党第三代の野田総理が、このような挙に出てまでも政治生命を賭けてやり抜こうとする姿勢に、まんまと乗せられた国民も多いのではないか。 

 野田総理とは、官僚機構、霞ヶ関の操り人形なのであろう。 軽い意識障害を起こされているらしく、見えない官僚機構というばけものの意向を、自分の考えのようにお述べになる。 長いものに巻かれるのが、日本人の誇りといったいどのように結びつくのか。

 自民党は解散時期を理由に、この国をつまりは国民を救うとしていた 消費増税法案 に賛成しかねるという。 「 さすが戦後五十年以上に渡って政権を担っていた、我らが自民党! この国難において、消費増税のような最重要法案にはこれまでのわだかまりを超えて協力する。 」 こんな礼賛をしていた一部の国民、とりわけ大メディアが哀れだ。

 自民党とは、しょせんこんなものなのであり。 官僚機構に全て丸投げし、利害調整や謝り役に徹する現民主政権の本家である。 ここ数日の政治の動きは、消費増税法案がそれほど重要なものではないという、何よりもの証左と感じる。


韓国大統領、竹島訪問              [おかしな帝王学]


 韓国大統領が、竹島を訪問したと言う。 よりによって、この日だ。 ロンドンオリンピックでは、男子サッカーの三位決定戦、日韓戦が深夜に行われ。 日本の国会では、もめにもめた消費増税法案が最終的に国会の決定として採択される、参院採決の日だ。 どうも、臭う。 

 聞けば、韓国大統領は。 親族の不祥事やら、窮地にあるらしい。 支持率も、野田以下とされ。 ナショナリズムという、民族の痛いところをついて。 権力を維持したいように、うつる。 げに浅ましき、権力者。 

 賢明なる韓国の同志は、このおかしさについて。 しっかりと認識する事を、期待する。 我々が相対すべきは、神輿の上に乗って、おいしいところだけをもっていこうとする、げに浅ましき輩だ。


報道ステーションに古賀茂明氏          [近藤 武]


 熱帯夜と真夏日が続き、やや暑さで参っているところ。 テレ朝の報道ステーションに出演する、古賀茂明氏を見た。 まず尖閣、竹島についての話があったが、前日出演した三人の各分野専門家によるぼやけた話との差に驚く。 この違いは何なのか考えたが、地位や立場を失わんとするものと我々の違いなのだと言えるのではないか。 国際化の中での経済産業にかかわって来たというところで、自ずと外交にも繋がる感覚をお持ちのようで。 頼もしく感じる。

 そのあと、原発の廃棄物処分の問題にトピックが及ぶ。 その通り、第一義に廃棄物の最終処分が解決しないまま続けられる原発はおかしい。 その上、福島を経て早くも再稼動する日本は、いまや先進国の名に値しない。 もしたとえ仮に自分の前を進む者がいなくても、堂々わが道を進むのが先進国というものではないか。 

 やや直情のところもある古館氏との相性は、抜群に感じた。 この局も、昼間の芸能ネタなどに古賀茂明氏を付き合わせ、飼い殺しのような事をせずに。 こうして、しっかりと話をさせたらいかがか。 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。