So-net無料ブログ作成

車内にとどまれという、参謀本部              [おかしな帝王学]


 JR北海道の特急脱線炎上事故(2011.5.27)。 トンネル内で炎上、立ち往生した。 事故当時 乗客の中年男性が、「若い人が列車から降り出したからみんな続いて脱出して助かったけど、JRの指示通り列車内にとどまってたら今頃みんな蒸し焼きになって死んでた」 と話していた記憶がある。 

 今日(5.31)になり、車両内にとどまれと指示していたのは運転指令で、現場の車掌は乗客を車内にとどめるべきでないと訴えていたらしいことが伝わってきた。 弾の届かないところで机上の空論を繰り返していた、戦中の参謀や軍令を思い出してしまう。 前線・現場の命がどうでもよくなる、忌むべき おかみ 根性だ。

 JRの前身は 日本国有鉄道。 前述した通り、旧国鉄、電力会社、ガス会社、旧・専売公社系、、、これらは国が経営してなくともれっきとした、おかみマターである。 JR西日本による福知山線事故を思う。 そして今回の東京電力による福島原発事故を思う。 どこにどんなおかしな事が隠れていても、不思議はないと思う。 あのおぞましい旧日本軍の、つまり軍部官僚機構の亡霊が。 こんな形でいまは経済をむさぼりながら、実は生きながらえている。 東電しかり、JRしかり。 霞ヶ関、もちろんしかり。 みなこれにとり憑かれている。 これを、退治すべし。



内閣不信任、否決


 就任当初、いの一番に消費増税をにおわせた菅総理に対し、期待は無い。 しかし先の福島原発炉心への海水注入停止は無かった事件からこの内閣不信任まで、どうもおかしなものを感じてしまう。 単なる自公のチョンボにとどまらず、見えてくるものがあるような気がする。 菅総理はこちらにとって問題のある総理だが、あちらにとってもあくまでつなぎであって、はやく自公に戻らないと大変な事になると、うごめいているように感じる。

 震災を機にあぶり出されるものの、さらに震災を利用して事を動かそうという化け物。 いまだ日本を完全に牛耳ろうと画策する、得体の知れない怪物がのたうっている。 退治すべし。 



海水注入停止は、なかった事件


 現場の吉田所長の判断で、東電本社からの海水炉心注入停止指示に従わず、冷却のための海水注入が実は継続されていた。 ここはどうやらはっきりした。 ではなぜ東電がそのような指示を出したかについては、第一報は 首相の指示 。 この報道を受けて国会の自民党・谷垣総裁による追求質問は、ある種異様な勢いを感じさせた。

 録画・録音をしていなければ、言った言わないについては水掛け論に終わる可能性も高い。 その真相追求は後に期待する事として、ひとつ気になる情報がある。 今になって出てきたこの注水中断の情報は、経産省幹部から自民党側に、一連の報道がなされる前に伝えられたという。 

 震災二ヶ月を過ぎ、まるで号令でも掛かったかのように次々出る最初期段階での原発情報。 三機ともメルトダウンと聞いて、初動対応にフラストレーションがつのったところで、注水中断情報だ。 満を持してとも見えてくる。 あやうく小沢騒動の二の舞だった。 

 それが所長の証言で、根底がひっくり返る。 この日本を牛耳る化け物は、自民党や経産省、メディアをつかって、我々をあくまで手玉にとろうとしている。 



 天安門事件              [文化の日]


 冷戦時代とは、米ソが美意識を競った時代でもあるように思う。あのソビエトをかっこいいと思った人は、日本にも居たし、旧・共産圏では覇権を握っていた。 資本主義と共産主義の争いだが、その粋がり方も、我々は見ていた。

 スプートニクを米に先駆け打ち上げ、ICBMによる攻撃の技術というものでも優位に立ったかに見えたソビエト。 1950 年代、あそこがピークではなかったのか。 

 中国と言うのは、商人国家で。 そこがどうしようもないので、共産主義で抑えてる。 経済解放前の中国について、識者から聞いた。 それが鄧小平以後、黒い猫でも白い猫でも、ネズミをとってくる猫はいい猫だ、として資本主義を取り入れた。 そして、今である。 

 共産主義とは、官僚国家である。 マルクスの理想には遠く及ばない。 妙な美意識の連結だ。 これが今の中国、言わせてもらえば美意識を疑うようなありようだ。 



三月十一日以前のままの、永田町              [才蔵]


 今回の内閣不信任案騒動を被災地で見て、日本の政治は三月十一日以前のままで、これに非常な違和感を感じたと、現地取材をしていた報道キャスターが述べていた。 しかし三月十一日で変わったのは何も被災地に限った事ではない。 それこそメディアのおかげで、震災を境に日本人全体が変わって来ている。 多くの日本人にとって、あまりにも変わらない永田町は、理解できない。 自民・公明は言うに及ばず、民主党もみなおかしいのではないかと思ってしまう。 

 このごろ、政治家の笑い顔が好きでない。



民 ・ 自 ・ 公


 元 左系で、今 現実主義者。 もしくは、俗物。 こんな扱い易いやつも、居ないのではないか。 日本を牛耳る化け物は、現政権に増税だけは何とかしていけと言っているように思う。 これと党内で相対するのがばら撒き系のマニフェストを堅持せよと言う、小沢一派。 これが、民主党。 

 第一野党でこのごろ元気のいいのが、日本中すべての原発を造り、東電寄りの発言やら、驚く事に野党になった今も官僚機構からの東電原発情報で内閣不信任を可決させようともくろむ。 小沢とも、組む。 長年、化け物のしもべをやっている。 これが、自民党。

 そこと十年以上 手を組むのが、手薄になった日本の宗教界を席巻する創価学会ひきいる公明党。 組織票の、権化だ。 聖教新聞と言う子供新聞を、あなたは見た事があるか?



廃炉ではなく、臨界?


 内閣不信任案提出直前 震災から二月も経って5月になり、原発が三機ともメルトダウンと発表された。 冷却の遅れに国民全員の意識が向いたところで、今度は海水注入が一時中断されたとの情報。 この情報は一連の報道の前に、経産省幹部より自民党に伝えられていたという。 因みに中断の理由は、当時 素人でも想像のついた海水注入による「廃炉」ではなく「臨界」を懸念して、とされた。 数日後に吉田・原発所長の独断で注入は継続していた事が判明するが、この間 国会はこの事に費やされ、誰が指示したかで世論は沸いた。 東電はこの重大な発表に際し、現場の所長に確認をしていなかった。 なにか美味しいものがぶら下がっていて、あせったのか?  
 


 予算と仕事              [才蔵]


 放射線量の測定がきめ細かく行われるためには、予算が必要だと言う役人の声を聞いた。 これに限らず、公務員の世界では予算の無いところに仕事は無いのだと思う。 限られた予算で精一杯の国民のための働きをし、それが評価の基準になるようなあるべき行政機構の出世と、現在の官僚機構の出世とが違い過ぎるのだと思う。 

 これは法で御するしかないのではないか。 だから立法府、国会、政権に我々は期待したのだ。 問われているのは事業の必要性ではなく、その事業をその程度に成すのに、それだけの予算が必要なのかと言う、予算額の必要性、なのだと思う。 消費増税、電力料金値上げで決着をつけようというのは、あまりにおかしい。 



 信長、秀吉、家康              [文化の日]


 織田信長、秀吉、家康と。 中世から近世への変化は、興味が尽きない。 気宇壮大で、恐れを知らぬような信長。 こんにちのテレビメディアにあたるような下世話の帝王、秀吉。 共済年金まで入れて、勝ちとばかりに徳川幕府。 

 彼らの起こした日本民族統治のムーブメントは、当然のごとく不完全で、明治維新でつじつまが合ったかに思われたが、官僚機構は太平洋戦争で限界を露呈した。 それが占領統治によって温存されている。 ここに不幸があるのではないかと思う。 明治維新でつじつまが合わなかったところを、いま我々が合わせて維新の完遂を目指すべきなのではないか。 官僚機構を統御すべし。 これは同時に、日本の真の独立をも意味する。 


参照:
《 維新の完遂 》
http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2010-02-16-1



問われるは、民度              [民主主義の原理運動]


 我々は、非常に気の長い将棋を指している。 将棋の駒は、政治家だ。 これが民主主義の原理運動の、大きなイメージだ。 この見方でいけば、ポピュリズムは悪くない。 世論で選挙を待たずしてその場その場で、こちらの意のままに政治が動いたら、理想ではないか。

 問われているのは、我々の民度である。 




参照:
《 ポピュリズム 》
http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2011-05-09
《 将棋の駒 》
http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2011-05-23



 大臣


 何千、何万という組織の長としては、おのずとその組織、Organization 格 の思惑を反映せざるを得ないのだろう。 しかるべき行政の統御の際には、現場の司令官として活躍してもらいたいが、現状では、つまり情報もノウハウも全て握られた状態でなかば素人がトップに就く、このような状態では明らかに省庁の利害に反する事など出来ないと思う。 

 まず立法が求められ、その確実な運用の為にはさらなる法律が求められる。 何故なら運用こそが肝心なのであり、法の運用には税で禄をはむものがたずさわっている。 そして霞ヶ関、官僚機構のセクション長でない、大臣の活躍が求められる。 名称は何でもいいが、行政の統御を目的とする大臣が要の仕事をするべきだ。



石原都知事お膝元、UHF番組にて              [箱根アフロディーテ]


 ドイツの脱原発などが、琴線に触れるような感じで気に入らない。そんな知識人の、座談会のような番組を見た。 こぞりて東電バッシングのおかしさを、繰り返し語る。 みなさん知らないだろうが、ドイツは偉そうなこと言ってその実、フランスから電力を買っている、と得意げに言う。 パチンコ屋と、家に居ればテレビのバラエティーばかり見て、若手芸人には異常に詳しい。 そんなごく一部の日本人以外はたいてい、最近 国民投票で脱原発を決めたイタリアもフランスから電力を買っている事も合わせ、知っている。 あまり日本の市井の民を、馬鹿にしてもらっては困る。

 まだヨーロッパ、白人の社会に学び。 その後について行けというのか? ドイツも及びつかない、世界最先端の日本社会を作り上げればいいだけの話ではないのか。 村上春樹は、現実と言う名の「便宜」、と語っていたように思う。 もし便宜のためになる現実を語っているのだという意識も無いままに、あのように延々 語るのなら。 とんだ ピエロ だと思う。


  

誰が通るか分からない道              [近藤 武]


 ダウンロードとインストールの違いは、ネットに繋いで出来るかどうか。 ダウンロードだけが出来ると考える。 つまり、誰が通るか分からない大通りに家があるように例えられるネット接続は、その間だけされればいいと思う。 みなネット常時接続 使い放題に、麻痺させられているのではないか。 個人情報のデジタルデーターは、想像するに無くならない。 集まっていく一方だ。



民主主義の原理運動としての、NO NUKES         [民主主義の原理運動]


 ノー・ニュークス , これが民主主義の原理運動の、ひとつの一里塚であるように思う。 大いに、反対しよう。 そもそもが、廃棄物処理をうやむやにして原子力は安いんだと経済性を訴える、あちらがおかしい。 こちらがあちらを調教して行く。 これも、民主主義の原理運動のイメージだ。 



 暑さにも、耐え              [才蔵]


 ディフェンディング・チャンピオンは、常に有利だ。 だから、ここまで耐えなければならないのか?といった事も受け入れてこその、民主主義の原理運動だ。 耐えて見せてこそ、話が始まるだろう。 原子力に執着し、官僚機構をうまく操り、政治家を躍らせ、マスコミを利用して、国を牛耳る。 この化け物とあい対するには、この夏を立派に乗り切って見せる事だ。 



ミーハー・マターであるところの、顔。          [天成人後]


 自由と寛容の国、オランダ。 その極右と言う人の顔を見た。 イスラムに対しての過激な発言によって裁判沙汰になったニュースにおいて、だ。 白人の中にも右翼といのは居て、それがなんだか日本人っぽい。 日本の右翼と同じ顔をしている。 そう、これまでも思った事があった。

 顔には、きっと色々なものが出ているのだろう。 男は四十になったら、顔に責任を持てという言葉がある。 色んな顔を見せてくれた John Lennon は、その歳に亡くなった。 

 そして、The Beatles が縁かとも思われる関係の先輩が、早くも逝った。 彼は昔、「ビートルズってさ、随分昔の映像なのに。 あいつらだけ、今なんだよね。 一緒に映ってる当時のやつらは、古めかしいのにさ。」 と言った。 古臭い、つまりかっこ悪い、流行遅れのないルックスを言い当てていたように思う。 そんなルックスをもたらした正体に帰依するとともに、彼らにいち早く熱狂した若者に敬意を表したい。 


参照:
《 世の中を動かす、美意識 》
http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2010-12-07




古賀茂明 、霞ヶ関 退職          [民主主義の原理運動]


 古賀茂明氏が遂に、霞ヶ関を退職したと聞いた。 彼の話を聞いた時、原子力は何が何でもやるんだという国の強い意志で進められたが、いま我々 国民が 何が何でもこうして行くんだ という強い意志を持てば、自然・再生可能エネルギーは出来るだろうと言われているように感じた。 手放した霞ヶ関があとで後悔する様な活躍を、大いに期待する。 

 日本が直面している数々の問題に相対するに際して、いの一番、いろはのい で取り組むべきが、公務員、霞ヶ関、官僚機構などとあらわされる 公 の問題だろう。 国として取り組むべきことが、いまのままでまともに為されるとは思わない。 仕事そのものに関する問題と、その対価である賃金の問題で全てが語られる。 いかに楽をして金を得るか、この村上春樹いうところの efficiency、これにとっぷりと毒された 公に禄をはむもの達 が、うかがわれる。

 民主主義の原理運動にご参加いただき、大いに活躍してもらえたらと思う。 



アインシュタインと視覚              [文化の日]


 光 が、どれだけ特別なものかを。 一分のすきもなく描いて見せた、アインシュタインに。 最大の敬意を表したい。 それによってもたらされる我々の 視覚 というものが、どれだけ特別なものかを、物語っている。



大げさな夢想              [文化の日]


 洗濯物を干していて、風呂のフットマットとTシャツを洗濯ハンガーに掛けたら、厚手のフットマットは支点に近いとこで水平となり、なんだか中高の古典物理を思い出してしまった。 

 水たまりを雨粒の波紋が広がっている時、誰も見ていないのに、精緻に法則に従って美しい乱れが延々繰返されている。 この世を主催するものは、例えようもなく素晴らしいと感じてしまう。 神でも、仏でも、いい方は何でもいい、いわば、天 。 自然そのものといってもいいし、この世、といってもいい。 

 この世、の中にこの地球自然環境を与えられ。 気の遠くなるような年月を経て我々が出現し。 その人類の歴史でもほんのごく最近になって、一気に近代科学がこの世の根本に迫る。 アーサー・C・クラーク言うところの 幼年期 を脱する時期といえば、大げさな夢想家とされてしまうだろうか。 



中国版新幹線、米で特許申請準備          [おかしな帝王学]


 中国に製造現場を移すと、技術が盗まれ。 目先の生産性に目がくらんで大切なものを失う。 よく聞いた話だ。 しかしそれが新幹線で起こっているという。 中国という国は、恥というものを知らないのだろうか? 

 村上春樹氏いうところの " efficiency " は、いかに効率よく経済を良くするかという土俵で争いをするということであり、中国という国は 「パクリ」 がその最適解としてはばからない。 白人、西洋のこしらえた土俵の中で、その醜怪な姿をさらす中国という国を、血を共有するものとして恥じる。 

 中国人とは、本当にこのような人たちばかりなのか。 かつて遣隋使、遣唐使を送った国から、今度は振り向いて強く問いかける。 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。