So-net無料ブログ作成

年寄りの話を聞く              [文化の日]



 年寄りが一人亡くなると、図書館一つが失われるようなものだ。 そんな言葉を聞いたことがある。 近代科学テクノロジーによる社会の変革は、新らし物好きの優位を演出し。 若者の知的優位性を高めた。 スマートフォンを自在に扱えるのが、そんなに偉いのか?

 少なくとも人類の歴史、石器時代からの人々と。 真の意味での知的レベルが、それ程違った時代が未だかつてあったのか? 人類は、もっと謙虚になるべきではないのか。

 地図ではなく、実際に見聞きして体験した。 そんな人の見識を、我々はもっと重んじるべきなのである。 身近な年寄りの話を、もっと聞いたらいかがだろうか。


参照: 
《 知識と見識 》
http://bunkanohi.blog.so-net.ne.jp/2010-03-23




市長から              [おかしな帝王学]


 本筋の国政においては、なんちゃっての政権交代に。 どうやらなっているようだが。 地方自治の政治では、おもしろい動きが出ている。 ずばり、税で禄をはむ者たちのありようを問う。 

 菅政権ではちゃっかり増税の対に、社会保障という国民の生命線をかかげ。 元自民の与謝野氏まで取り込んで、増税まっしぐらだが。 「減税」 を公約にした市長が当選している地方自治に、期待をする。 民主主義の原理運動、という点で興味深い。

 社会のそこを、その程度にケアするのに。 それだけの公金が必要なのか?という点を、我々は問う。 
 


風船人間              [文化の日]



 金融は経済の血液に例える話がある。 血液だらけの風船みたいな人間が、気持ち悪くないか? 筋肉や骨も内臓も支える、血液とは頼もしい縁の下の力持ちではないのか。 その立場におさまるべきだと思う。  金融が肥大した社会は、気持ちが悪い。 




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。