So-net無料ブログ作成

自由党と民主党


 知らない名前の議員が代表選に立候補と聞いて、なんだか自民党の総裁選を思い出してしまった。 同じにして頂いては困る。 鳩山辞任と小沢辞任が同時に起こったおかげで、いろいろな模様が見えてきている。 

 ふと、自由党に乗っ取られた民主党という見立てを思い出した。 まだあなどるわけにはいかないが 自民党の現状を思えば、民主党の中の対立はむしろ望ましいと思う。 落穂を拾って 自民が政権復帰などと言うことがないのなら、民主党は党内で大いに議論して頂きたい。



菅 新総理誕生                   [懲戒免職]



 小沢・鳩山という一段目ロケットを切り離し、慣性周回軌道に乗ろうか というところか。 大きな放物線を描いて墜落するなどというような事がないよう願いたい。

 選挙が大切なのは良く分かるが、国民をみくびってはいけない。 給付につられて、組織の利益につられて投票する有権者は、なんなら捨てるべきだ。 国民の民主党に対する最大の不満は、公務員に手をつけないことにある。
 仕分けもいいが、しょせん部分外科療法のようなもの。

 公務員制度改革を真剣にやる政権政党が、選挙で負ける訳がない。 



二院制への提言

 
 参議院は HN 「文化の日」 で論じているようなところを議論すべきところと思う。 日本のいまおかれている立場を鑑みれば、世界、人類、宇宙といった、世界中のどの国よりも大きな命題について、とことん論じ尽くす。これが理想だ。 

 参議院と衆議院は、全国区と地方区として住み分けるのもいいかと思う。 参議院がタレントの天下り先などになっているのなら、その国は二流の先進国にも値しないのかも知れない。

 衆議院はその地方に住み、その地方で自身の子を育てている議員のみを認めるべきかと思う。 その地方で育った議員であれば、文句は無い。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。