So-net無料ブログ作成

 石橋家 と 鳩山家              [才蔵]


 鳩山氏のもう一方の祖父は、ブリヂストン創業者の石橋正二郎である。 この石橋正二郎氏は、男子は一人しかもうけず、あとは女子で鳩山、成毛、郷、石井と嫁いだ。 旧軽井沢、鹿島の森の向かいに石橋一族の別荘地が在る。 今はどうか知らないが70年代後半の話、雲場池の東側に広がるその敷地にはテニスコートがあり、端にはブリヂストンの宿泊施設があり。広い敷地に点在する各家の別荘の間には、手入れされた芝生と木立ちが広がっているだけで垣根が無かった。 住み込みの管理人が居て、一族の別荘地を面倒見ていた。

 日本の上流階級を絵に描いたような一族である。 祖父・石橋正二郎は、莫大な株券を子にはこれだけ、孫の男にはこれだけ、孫の女にはこれだけと比率を決めて贈与していた。 
 70年代後半は週刊誌に高額所得者が発表された。 そこに石橋家の孫たちは名を載せていた。 株の売買益では無く、「配当」 だけで孫の女子は1700-2000万円ほど。男子はその倍、3500-4000万円ほどの年収があった。

 鳩山さん本人ではないが、同じ孫という立場の人に当時 聞いた。 母と兄弟、それに父の所得を合わせると一家で年収一億を軽く超えるが、配当金については石橋財団というところに一旦プールされていて自由にはならない。彼の立場では必要に応じ申請しておろしてもらう 、といった話だった。 大学時代のこのもう一人のお孫さんは、心根の優しい、愛すべきまともな人だった。 きっと今もそうだろう。 由紀夫、邦夫の両氏については知らない。



東京都議選


 明治維新が好きなんて言う人は多いけど、それに匹敵するような変化の兆しの選挙に興味を持たないと言う事が、よく分からない。

 同時代に生き合わせていてスルーするのは、まことに間抜けな話ではないか。  こんな日本民族のエキサイティングな変動に参加しないのは、一生もんの後悔になる。  投票して参加すれば、不謹慎ながら、競馬や競輪など比較にならない興奮と、運が良ければ満足感を得られる。 自身の考えと判断によるものであれば、その後の人生観を変えるほどの、まっとうないい気分を味わえる!

 動乱を望まないのなら、するべき事はただ一つ。 投票権のある選挙には必ず行くことだ。 日本の洗練された社会改革、すなわち政権交代のプロセスを、世界に見てもらおうじゃないか。



人集まれど 踊らず     於:国立競技場


自民と東の騒ぎ。

 たけし本人が言っていた通りに、そんな申し出があったなら「総裁に」とでも答えておけば、内心ムッとしながらも表向き苦笑を浮かべ 自然消滅するはずの話だった。 自民党の置かれた現状と、度を越したえげつなさ。なりふり構わず結果、つまりは損得の得だけを追い求める節操の無さ。 ここを軽く見ていたのではないかと思う。 

 日本の政権を54年にも渡って担って来た「自民党」なのだが、もはや現状はこの様なのである。 しゃれのつもりの気の利いた皮肉な「お断り」が、こんな騒ぎになってしまう。 

 東にしても、耳目を集める 「おいしい指数」 が高まれば、敏感に反応してしまう 芸人根性 が出ているような気がする。 ひょうたんから こま ならば、こま で行こうかというスケベな了見もかいま見えた。 しかし、これだけのいわゆる露出があったのに、国民が踊らず、是々非々の精神で自民と東に多くの批判が集中したのは、戦後の日本でも特筆すべき出来事で、民度の向上を少しだけ実感できた気がした。



2年前、参院選を目前にして                       [文化の日]


Archives of my own より
http://archivesofmyown.blog.so-net.ne.jp/ 

07/7/24(火) 午前 1:29 [ 文化の日 ]
最高権力者である総理以下、ここに書き込む末端まで。 全ての輩が 「どうして民主党なんだ?どこがいいんだ?」、ヒステリックに誹謗・中傷を臆面も無く繰り返す。 これが現与党とその支持者達である。 彼らは今この国で起こりつつある事が理解できていない。 だから気が狂った様に、走り回る。 我々は 『 主権在民 』 実現の為、言わば 「 民主主義の原理運動 」 を開始した。 そして 「 選挙で投票する 」 以外にその手段は無い、という事を自覚した。  

07/7/24(火) 午前 1:33 [ 文化の日 ]
もう一度言いたい。 自民に代えて民主を主として頂こうと言うのではない。 我々が主として選択し、国民の為に仕事をして貰おうと言っている。 彼らの民主に対するやっかみは的外れだ。 彼らは 『 恥 』 を知るべきだ。 良識ある国民は彼らの振る舞いこそ 『 国益 』 を損なうと考える。 我らの求めてやまない 『 誇り 』 は、政権担当するもの達がこの様である限り、決して手にする事が出来ない。



大物 引退


 世襲の問題が少し前 言われた。 今回の選挙にあたり、自民党が 『次の選挙から』 と言う文言を外した理由が分かる。 この頃の投票傾向を見れば、年の若い候補が有利だ。 巷の声は、「年寄りは政治から去れ」。 古いしがらみに、嫌気がさしている。 自民党はその最たるものと思われている。 だから後継が決まった大物は降りる。 世襲であればベストなんだろう。

 有権者は騙されてはいけない。自民党は自民党なのだ。 父の集金システムをそのまま受け継ぐと言う事だ。 エイリアンのような生物が脱皮をして、見た目違う生物になっただけの話。 好きなものも、苦手なものも、言わば組織格としての選挙通過団体としては大きく変わる訳がない。


最高裁判所 裁判官 国民審査              [天成人後]


 衆院選と同時に行われる最高裁判事の国民審査は、国民が唯一 司法に対して直接 意思表示できる機会。OXで答える。 ところが、《 投票用紙に何も記入せず白票で出しても信任と見なされる 》というルールのため、この制度によって罷免された裁判官は歴史上一人もいない。

 みなさんご存知だっただろうか? この判事の国民審査は、棄権のつもりで OXどちらも記入せず白票を投じても、棄権ではなく 「信任票」 としてカウントされている。 だから常に信任票が文句なしに多数。 

 Oを記入したものだけを信任とすべきではないか。 白票は棄権票として判断から除くべきではないか。 現行のルールで棄権する為には、投票用紙をもらうところでその旨を告げ、用紙そのものを受け取らないという方法しかない。これだけが棄権として扱われる。 



学会とは組むな


 選挙後、公明が今度は民主と連立するというような事は、ゆめゆめ あってはならないと思う。 共産党と連立する事があっても、それは止めて頂きたい。 今度の選挙のテーマは、官僚機構に風穴を開ける事ともう一つ、「政教分離」。 この二つなのだと とらえている。 これが民意であると 民主党には認識して頂きたい。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。