So-net無料ブログ作成

北朝鮮              [才蔵]



  レーニンや毛沢東の息子が歴史の表舞台に出て来た事はないが、この北朝鮮の金日成(イルソン)は当たり前のように息子の金正日(ジョンイル)に権力を継承し、今度はまたその息子に後を継がせようとしているらしい。 金王朝三代目である。 この一点だけを見ても北朝鮮という国がいかにおかしな国なのかがよく判る。 

 世襲で階級が維持される社会。それを革命でぶち壊し、平等な社会をもたらそうとしたのが共産主義ではなかったのか。 それなのに、旧ソビエト共産党や現中国共産党の特権階級を生み出す矛盾。 さらには独裁権力の世襲というソ連・中共でも分別を見せた禁じ手を、北朝鮮はなんと三代に渡って行おうとしている。
 自国民に対する恐怖政治、わが国民に対する拉致、等々。この国の嫌悪すべき問題は、まことに枚挙に遑(いとま)がない。 北朝鮮という醜悪な国家体制は、一日も早く世界から消え去るべきだ。

 しかし今回、またもこの三流共産主義国はミサイルの発射実験を行った。 見るべき技術も産業も無いこのような国が、なぜ核爆弾やミサイルを開発できるのか? それは他国の援助があるからだ。 北朝鮮の国家体制がこのまま続いてくれた方が都合が良い国がある。

 中国は北の一番の援助国であると聞く。ロシアもよく庇(かば)う。この二者の了見はおかしい。 しかし少し斜めから見てみたい。 例えば、この世から虫歯が一本も無くなったら歯医者は困る。 ネズミ退治に完璧に成功してネズミがいなくなったら、駆除の業者は商売上がったりだ。 もうひとつ。 多額のおもいやり予算を負担し 国中に米軍基地を抱えている状況や 防衛費の増大に疑問を投げかけると、決まって返ってくるのは 「北の脅威」 に対してはどうするのか? という答えだ。 

 北の脅威 とは 虫歯、あるいは ネズミ ではないのか?  
 
 心底、 北の体制の消滅を希望しているのか?



景気がいいは、七難隠す


 十数兆の大型景気対策、赤字国債、税収を上回りそうな国債発行、、、。  これら全て事務次官等会議を通った、 官僚 が「これでよい」と認めた政策だ。 埋蔵金に手を付けられても消費税アップの布石になるならば、むしろ 霞ヶ関 はウエルカムなんだろう。もっともっと税収を、である。 その為には景気回復が一番、ときた。 

 景気がイイは、七難隠(しちなんかく)す。 景気の悪い今だからこそ我が国のおおもとにある問題を皆で考えるべきだ。 というか、どんな事をしても景気を回復させたいというのがそもそもよく分からない。 右肩上がりを前提にした経済のありようっていうのはこの先、 許されるのか?  むしろゼロ成長やマイナスでも、国民みなの最低限の幸せを守れるような社会が必要になってくるんじゃないか。 


参照:
経済成長》 http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2008-08-04-1



資本主義の敗北              [才蔵]


 世界経済にはうといが、ネットによって24時間どこからでもどこかしらの市場で取引が出来、お金には国境がなくなっている。と解釈している。 そして株だけでなくさまざまなものが相場になり、巨大なゲームがエスカレート。 情報と同じ速さで巨額の金が一瞬に動く。 これはすぐにも手を付けたほうが良い。 金融は経済のてっぺんで薄皮のように存在するもので、こんなに肥大するもんじゃない。 金融工学などというものが一人歩きしてはいけない。 
 金融経済に対しまともな経済の事を「実体経済」というがその反語は「虚の経済」だろう。 虚に実が支配され、一部の国の一部の者が大儲けをする世界のありようはおかしい。 

 90年代に入ると早々に共産主義が事実上壊滅し、資本主義の完全勝利であるかに言われたが、その後の十数年で起こった事を見れば資本主義もまた敗北したと言えるのではないか。 



森田・新知事は


 森田・新千葉知事は10年余り自民党所属の国会議員であった人だ。 だから議員でなくなってから数年たっても 自民党政党支部 という 企業団体献金 の受け皿を持っている。 問題は知事選にあたって「完全」とわざわざつけて 無所属 とうたったにもかかわらずいまだもってその 政党支部長 であり、さらにはそこから1億数千万という金を森田氏自身の 個人資金管理団体 に移していた事だ。  迂回献金 というやつで小沢氏の問題と同じ、奇しくも金額までほぼ同じ。 それに、表に公開されている帳簿には載ってない金の話も聞かれてくる。 小沢氏は公開されてる帳簿の金が問題になったが、森田氏の方はどうなるのだろう? 
 オフレコでいいから、また官房副長官の ご神託 をききたいものだ。

 冗談はさておき、自民党元国会議員とはいえそう悪い事はやってなさそうな森田氏がこれなのだから、 職務権限 とやらをお持ちの方 お持ちだった方 などなど、ふたをしてもここら辺まで 悪い噂がもれ伝わって来る政治家の内実はいったい如何ばかりか と思ってしまう。
 帳簿に書けない 金 ばかりじゃないか、とかね。 



 自覚                         [苔の生すまで]


 再三 申し上げてきたが、人類文明 というほどに大げさな縮尺で見ても、現在は大きな転換点の時代に入っている。 ここをどう乗り越えるのか、先頭に立つべきは「日本」だ。 ここで二千年以上、いや一万数千年の長きに渡って守られてきた、人と自然 すなわち地球とのかかわりのありよう。 もったいない と思う日本の感覚、これが静かに世界を救う。

 近代 、黄色人種として初めて列強に加わり、完膚なきまでに戦いで敗れたが、その精神までは 売り渡すにあらず。 ものの半世紀で先進国として再び経済の表舞台に立つ。 これは ひとえに日本の民が優秀だから。 我が精神文化が、かけがえの無いものだからだ。  

 あなたが日本人なら、しっかりと目覚めるべきだ。 先頭を走るべし。 堂々と日本的うるわしき精神にのっとり、静かに行動すればいい。 自然に与えられている この環境はどれだけ素晴らしいものか、人はいかにこれに調和して生を営むべきか。 肝に銘じて日常をおくる人のありようを体現してゆく。



 国民主権者として              [懲戒免職]


 しかし そんな自覚をもった時、今のこの日本は国の仕組みとしてどうなんだろう? 完膚なき敗北のなかでしっかり生き残った組織、官僚機構がこの国を滅ぼしかけている。 たとえ何を政治が指示してもあの手この手でプラマイゼロからプラスにもってく。環境対策であっても利権の温床になりかねない。 これでいま日本が与えられている役割りを果たせる訳がない。

 なによりも一番に官僚機構の統御が政治に求められている。 それは勝利した政権与党だけに与えられた役どころ。その立場に長年居たのに出来なかった政権が、急に出来るようになるような役どころではない。 だから代えるしかない。代えてみて駄目ならまた代えるまでの話だ。

 役人は選べないが政権は選べる



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。