So-net無料ブログ作成

安保法案と、山口組分裂          [近藤 武]


 山口組のお家騒動が、全国的な注目を浴びているそうだ。 同世代ではかつて、暴走族、シンナー、リーゼントにカツアゲといった日常を送っていた輩を中心に、東映の“仁義なき戦い”が大変な人気だったが、今もそれほどに市井の人々は「やくざ」の動向に、まるでキムタクやAKBがどうしたというように大いなる好奇心を抱いているのか、はなはだ疑問だ。 なぜこれほどまでにメディアは山口組の分裂騒動を、微に入り細を穿って報道し続けるのか。

 Mという元総理がいる。 昨今、新国立競技場やら五輪エンブレム問題で批判を浴びるも、いまだに組織委員会の長として君臨する。 このMは、前小渕総理の突然の死を受け、密室での話し合いで総理の座に就いた、異例の総理である。 この元総理と やくざ との関係が、まことしやかに漏れ伝わってくる。 真偽については、知り得ない。

 しかし、安保法制の国会審議が佳境に入ったところでタイミング良く日本最大の暴力団組織である山口組は分裂し、NHKをはじめとする地上波テレビメディアや夕刊紙などは、連日その動向をトップニュースとして報道する。 そして、新国立競技場の見直しの際にM元に聞かせたように、AB現総理は「エンブレムに至っては、私ももはやかばい切れません」とM元に引導を渡し得る日本で唯一の人物であるにもかかわらず、それをしない。 

 誰と話をしても、M元という元総理がどうしてこれだけの隠然たる力をいまだに持っているのか分からないとみな言うが、ヤクザとの関わり合いがあるのではないか。 もとより、日本の現在のような ヤクザ がかたち作られたのは戦後の話しであり、そこには米軍の占領政策が深くかかわっていたと言う。 興味があれば、「児玉誉士夫」を調べてみてもらいたい。

 ヤクザと同類である「日本の右翼」とされる連中が、在日米軍に日本のうら若き女性がレイプされようが、「日米地位協定」と言う決定的な、そして屈辱的な不平等協定について何も言わないという事実がある。 これらを見れば。 自民党、岸→安倍、そしてあろうことか日本の右翼、国粋。 また、占領政策によって命拾いをした、霞が関官僚機構。 ここらへんみな、一蓮托生の一味ではないかと、高村あたりが鼻で笑いそうな妄想もして見たくなる
 

追記: 2015.9.26
安保法制が強行採決されるころから、急速に山口組のメディアへの露出が減少している。 お役御免。
新国立競技場の問題では、第三者委の報告で森元総理の責任は何も問われず、文科大臣とJSC理事長だけがやり玉にあがった。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。