So-net無料ブログ作成

アベノミクス、第0本目の矢              [友人への手紙]


 ふと、第二次安倍政権発足後まもなく、あなたが口にした 「アベノミクス、第0本目の矢」というのを思い出しました。 安倍首相はこのところめっきり口にしなくなりましたが、彼は政権担当当初、「アベノミクス!三本の矢、三本の矢!」と事あるごとにアピールして、「とにかく景気を良くしてくれ!」という国民の心理に巧みに訴えていました。第一の矢が日銀による前例のない大規模な金融緩和というやつでしたか。。。 しかしあなたは、その前に第ゼロ本目の矢があって、それは社会の強者、つまりは米国、霞ヶ関・官僚機構、大企業・経済界の権益は守る。 この宣誓のもとに第二次安倍政権はスタートしているのではないか、とおっしゃいました。 しかり。 単なる読みとか見立ての域ではなく、実際にこの間 現政権がやっている事、やらない事をみれば。 このゼロ本目の矢というのが確かにあって、景気への期待感で国民を踊らせている間に、あらゆる社会強者への便益提供のための法制整備が粛々と進んでいるように思われてなりません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。