So-net無料ブログ作成

五輪エンブレム、パクリ疑惑          [才蔵]


 1980年代、若かりし頃。 ミュージシャンとして生活していた頃の話しである。 今は亡き松BみKさんのステージのバックで、何回か演奏したことがあった。 大阪への行き帰りの新幹線で隣の席になったので、若くて頭の足りなかった故、つい感じたことを口ばしってしまった。 「『M夜中のドア』は、キャロルベイヤーセイガ―の ”It’s the fall in love” とそっくりだね」、と。 彼女は、「H哲司さんは、結構そっくりなアレンジとか多いから」と、うまく受け流してくれた。 彼女には、全くの責任が無い。 デビュー曲で19歳の女の子が、例えそれに気付いたとしても、日本の音楽界、芸能界で何か言えるはずもない。 無神経な事を言ったと思うが、この様な例は日本のこの業界で枚挙にいとまがない。

 旧・東京12チャンネル(現・テレビ東京)で、洋楽のベストテン番組があり。 そこで、毎回日本のアーティストによる洋楽パクリの紹介があった。 ある回では、パクリ元の外国人アーティスト本人がゲスト出演していて、本気で怒りだすという場面もあった。

 二十歳そこそこのミュージシャン駆け出しの頃、キーボードでアレンジャーでござるという輩が述べるには、「筒M京Hさんは、凄い! 膨大にある自宅の外盤レコードからマイナーなところを選んでそのメロディーを採譜して、それを逆から読んで曲にしちゃう。」 それは巧妙なパクリではないのか?と思ったが、ミュージシャンを選任する権限を持つアレンジャーには、一言も疑義を呈するわけにはいかなかった。

 今回の2020東京オリンピック・エンブレムのパクリ疑惑報道を聞いて、これらを思い出してしまった。 デザインにしろ音楽にしろ、偉大な先達の残したものと無縁と言う事はありえない。 影響を受けた、インスパイア―されたと言う事は当然だろう。 しかしそれは自身のものとして十分な咀嚼が行われたのち、の話しではないだろうか。 日本のいわば「おりてくるもの」に対する敬意の無さは、いまだにこのようなものかと、嫌な気分にさせられる。


追記:
この項を書くにあたり、久々にU-TubeでM原Mきさんを見た。 歌がうまく、美しい。 何回かでもこの様なシンガーのバックを務められたことを、光栄に思う。 くり返すが、アレンジャー、ディレクター、プロデューサーといった人間たちのやる事に、彼女の責任は無い。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。