So-net無料ブログ作成

確かに、日本を取り巻く安全保障環境は変化した      [おかしな帝王学]


 安保法案を推進する側は。まず、中国の台頭を言う。 そして、北朝鮮の危なっかしさを言う。 しかし、最も劇的に変化したのは「米国の国力」だろう。 数々の金のかかる大義なき戦争と、ポスト近代から見ればやはり旧態依然とした産業、消費構造のため、急速に米国はそのリーダーシップを失っている。 もはや米国一国では、世界のあまねく地域に睨みをきかせる事が、米国内世論から言っても難しい。

 今回の安倍政権による憲法無視の安保法案クーデター劇は、その米国の肩代わりを。 金も出します、若者の血も流します、と言う事で日本が請け負うと言う事に、他ならない。

 それをなんとかごまかし、日本国民の為と言い張る安倍政権の、その国民を心底バカにした対米従属・属国根性が、どうにも我慢がならない。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。