So-net無料ブログ作成

朝鮮戦争と自民党              [天成人後]


 太平洋戦争後、本格的な戦闘になったのは 朝鮮戦争 だった。 連合軍側の戦勝国だが、一党独裁共産主義というのが大きくなり。 朝鮮半島で国境線の綱引きを、やった。 1950 年 、昭和二十五年に勃発し、1953 年 昭和二十八年に休戦となる。 結果 残ったのが現在の三十八度線、板門店。 北の将軍様の北朝鮮王朝と、韓国だ。 日本では GHQ マッカーサー政権の後期にかぶり、占領統治が終わる。

 共産圏、東側の雄 ソビエトが核を手に入れた。 核兵器の使用まで検討されたと聞く朝鮮戦争で、それをしなかったアメリカの分別をたたえたい。 人類環境の壊滅シナリオ、その初代は 世界全面核戦争だったから。 ゲーム理論が、見事に機能した例だと思う。

 ソビエトが 日ソ不可侵条約を一方的に破棄して旧満州・中国東北部に侵攻したのは、広島に原爆が落ちて長崎に落ちる寸前である。 ナチスドイツが五月に敗れ、西部戦線を東部に回すことが出来た。 関東軍の牙城に攻め入ったのが、何とも因果だ。 

 朝鮮戦争によって、日本は軍需景気で沸き返った。 米国は、基地を使わせるだけで経済の美味しいところを持って行く日本を、苦々しく思った。 州兵のように使える日本軍があっても、いいはずではないか。 無条件降伏の相手に対しては、少し紳士的過ぎた。 平和憲法のおかげで、警察予備隊からになる。 軍隊を持ち、集団的自衛権の行使をうたった憲法改正をするべきだ。 憲法を改正するには、政治をおさえなければならない。

    1955 年、昭和三十年暮れに結党された自民党の
                  結党当初からの党是は、憲法改正 である。 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。