So-net無料ブログ作成

三十一年ぶり、貿易収支赤字              [天成人後]


 1970 年代、われわれ日本が。 National の TE98 に見られるような、どれだけの高みに達していたか。 申し上げた。 さて、貿易収支が 1980 年以来 31 年ぶりに去年赤字だという。 ふと、明治維新の際。 まず締結された 日米通商条約 を、思う。 通商、つまり貿易だ。 

 油の禁輸が、太平洋戦争の引き金になったとも聞く。 しかけた先は、同じ国。 経済で大きくなろうとすれば貿易、それを阻むのも貿易。 ここにこだわる国ばかり、というよりは世界認識が。 実のところ、中世の大航海時代と変わらないのではないかと思う。 軍事にしたって、金がいる。 それを力ずくで奪うかどうかで、時代が分かれてる。 力ずくでなければ、貿易と金融らしい。     

 その経済で 70 年代、急速に台頭した日本が。 1980 年に、一度赤字になっているという。 80 年代は、ジャパンアズナンバーワンなどとおだてられ。 アイドル、お笑いに沸き。 「ボクって軽いのぉ」と、軽薄短小がもて。 不動産屋と金貸しが肩で風を切って、あげくバブル崩壊で終わった。 また東側の崩壊と、わが昭和が終わった。 

 その後 31 年黒字維持とは、ある意味。 80 年以降日本は、飼い慣らされた経済をおくっているのではないかと思う。 飼い慣らさざるを得ない程の野性を秘めた日本は凄いと思うし、 飼い慣らそうとする、陳腐な知性を忌む。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。