So-net無料ブログ作成

 平成の鎖国              [文化の日]


 平成の開国というのなら、こう返そう。 民族の文化の多様性とは、人と自然との付き合い方の多様性に他ならないと思う。 土着のものだ。 多様性は人類という種の強さにつながるだろう。 我が物顔のグローバリズムは、あやしい。

 絆とは、帰属意識を一にするもの同士にあると思う。 その前提になるのは、同じ感じ方だろう。 これが経済の呪縛から離れた時、大きなことが起こりそうだ。 1969 年を多感な時期で過ごした世代を先頭に、くさびのように世界に広がった感覚はすでに世界を平定している。 こんなグローバリゼイションなら大歓迎だ。

 縄文の時代にも、石器の材料である黒曜石は千km単位で移動と取引されていたそうだ。 現代の黒曜石は何かを見極めて、それをどこにも届くようにする。 生鮮食料品まで貿易しようとするのは、人のおごりではないか。 

 こののち民族、文化の多様性は。 鍵になっていくような気がしている。 明治維新が開国であれば、その完遂に必要なのは鎖国のベクトルではないかと。 それが人類、世界、地球に対する帰属意識のもとで成されれば、わるくない。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。