So-net無料ブログ作成

 議員定数の削減              [おかしな帝王学]


 国会議員の定数削減が言われる。 歳費の削減がどこかに飛んだ。 あやしい。 

 選挙に金が掛かると言う。 金に相関する票というものが、そもそもおかしいのだと思う。 歳費を大幅に削ってみたらどうだろう。 

 我々 国民、市民が代表を選び。 その多数決で税の使い道を決めようというのが、議院内閣制という我々の民主主義だろう。 大政党という組織が、俗世の組織票など取りまとめながら、上の方だけでパスまわしをする世の中は、ごめんだ。 
 選挙に金が掛かり、定数が減るのなら。 もっと金が掛かり、組織( Organization 格 )がやりたい放題になるのではないか心配する。

 税の使い道を決めるとは、とどのつまり 税で禄をはむもの の働き方を決める、と言う事だ。 法とその運用につきるだろう。 人事が内閣の手におさまれば、法そのものをつくる国会は公務員を統御できるはずだ。 存在価値を失いつつある既成大政党は、いずれもこれに失敗している。 こいつらが闊歩する政界は、好みでない。 

 公務員への人件費総額の削減がなされ、公務員が減り始めてからでも国会議員 定数 の削減は遅くないのではないかと思う。 その為にも、国会議員の歳費を大幅に全体として削るべきだと思う。 定数の削減ではなくて、歳費の削減なら簡単にすぐ出来るではないか。 
   


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。