So-net無料ブログ作成

友好国への、テロ              [才蔵]


 9・11 テロの首謀者と目される人物が殺された。 とんでもない人物が殺されたのだから、死刑のある国の人間として、しかるべきところに落ち着いたと安堵するのはよく分かる。 しかし、Wカップ優勝でもしたかのような喜びようには、正直 違和感を覚える。 泥棒にも三分の理、という。 テロにそもそも理の有るわけがないが。 なぜあんな人物が生まれたのか、我々はそこに関心を抱く。 一緒に、考えたい。 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。