So-net無料ブログ作成

脅威としての北朝鮮          [才蔵]


 北朝鮮という国は、自立して生きていられない。 誰かが餌をやっているから、生きていられる。 中国がほとんど毎日、餌をやっているように見える。 韓国や日本、ソビエト転じてロシア。 そしてアメリカなんかも、たまに餌をやっている。 国益のみで動いているから、こういう事になる。 みな責任があると思う。 

 この醜怪な北朝鮮という 体制 を飼っているのは、我々が許してしまった 中国 という体制だ。 そしてそれが都合がよかった国や人々は、他にも居そうだ。 脅威がなくなって喜ぶ人ばかりでは、ないのだと思う。

 経済が貧しいからといって、それを馬鹿にするつもりは毛頭ない。 彼らの体制が、あまりにおかしなものだから言う。 
 これが、哲学者や思想家で。 その果実を分け隔てなく人に分け与えているのであれば、おひねり、おさい銭、布施、寄進という言い方になる。 しかしあの北朝鮮のやること、ありようなど見ていると。 動物園で飼うだの、餌だのという言い方にもなる。   


参照:
《 北朝鮮 》 
http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2009-04-09

中国と北朝鮮 》 
http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2010-11-23



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。