So-net無料ブログ作成

 世界経済戦争              [文化の日]

  

 経済戦争、そんな言葉はやはり 1970 年代から聞かれるようになったのではないか。 その頃 日本では、各分野で世界一の量産品を普通の値段で出すようになった。 電源タイマーしかり、シャープペンシルしかり。 いつまで経っても壊れなくて、庶民が買える世界最高品質の物にあふれていた。 日本人はそれを売り、豊かになった。 

 コマーシャリズムというのは、新しいモデルで買い替えを求めた。 日本の粗大ゴミは、まだまだ使える家電であふれた。 メーカーはそれを見ていた。 せいぜい 10 年、物によっては 2,3 年で駄目になるものばかりを出すようになった彼ら。 スイッチの一つから、部品選びでそのような設計がなされるようになった。 これは今も続いているだろう。 実際、製品の寿命が来る前に使わなくなった MD のような物も多い。 

 とにかく買わされる、売れなくては戦いに勝てない、それが凄い回転になって、雪だるまのように世界経済というのが、中国やインドといった人口を巻き込んで次の段階に行こうか。 というのが、現在の 世界経済戦争 である。

 これは、いわゆる エコ と。 どのような整合性を持つのか。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。