So-net無料ブログ作成

企業格の矯正


 福知山線の事故後、JR西の 企業体質 というのがよく言われた。 《 人格に対しての organization格 》 http://okashina-teiougaku.blog.so-net.ne.jp/2009-10-03 で申し上げた「企業格」というのは、この企業体質と同じものを指している。 あたかも人格のようにとらえる概念だ。

 その企業の人格が、数字つまり収益の為には現場に限界まで要求し、公共の安全にはすこし目をつぶっていた。 恐ろしい性格である。 最高責任者である社長の責任を問うべきものに感じられるが、検察は検察審査会の 不起訴はおかしい という判断にもかかわらず、2度目の不起訴を決定した。その間、JR西による事故調査委員会への不正なはたらきかけ等が明らかになっている。 今回ふたたび審査会の起訴すべしという決定が出て、強制起訴となった。初の事らしい。

 最後の法の番人である検察がこれでは、 おかしな企業格 の矯正など出来ない。


 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。