So-net無料ブログ作成

出世              [才蔵]


 大分の教員不正採用では 「汚れ役をやれば将来 偉くなれると思った」 というコメントが聞かれてくる。 また民主党・長妻氏によれば、役人は野党の要求に従って資料を出せば後々の出世がなくなると考え、天下りポストを増やせば評価され出世するという。 民間の大企業でも問題が起こって出てくるトップは、いったい何が評価されて出世したのかと思わせる。

 いま日本の出世がおかしいのだと思う。 社会の上層にいる者達は おかしな理由で出世している。 教員採用で 合格点に達していた者が不採用になったのと同じく、本来その地位にいるべき人物がはずされている。 どこでどうなっているか、恐ろしい気もする。 負け組み だろうか。

 おかしなメカニズムで出世した人間が、強者としてさらに自らに都合のいいように持ってく。 これに歯止めが効かなくなってるのが現状だ。 富の分配、公平公正な社会を作るというのは、まず第一に政治に求められる事で、その実現の前提として公僕たる公務員つまりは行政を使いこなさなくてはならないのだが。 現政権にはこの力というか気もなく、行政が腐るにまかせて来た。 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。